独身時代の保険は、自分の環境を考えて加入しましょう

自分の家庭があると、自分にもしものことがあったら家族は…と考えてしまうものです。

万が一、自分が入院したら家族の生活がままならない、子供の学費が困る、家のローンも払えなくなる。

そう考えると自分が家族から抜けた状態でも何とかなるようにしておきたいですよね。

でも、独身ですとそれがないので、つい保険が疎かになってしまいがちです。

でも、自分の身は自分で守らなければならない、家族のサポートは見込めないということですので、手厚い補償のある医療保険に入っておくのがお勧めなのですが、医療保険もただ入るのではなく、オプション等をよく検討しなければなりません。

自分の家系で、がんで亡くなったかたはどのくらいいるでしょう。

がんになる確率の高い家系なら、がん保険などの特約も併用するのが良いでしょう。

女性の場合は女性特有の病気に関する特約が、各保険会社からリリースされています。

家系は関係なく、わりと発生する確率の高い女性の病気もありますから、女性はこの特約をつけておくべきだと思います。

これから先も保険会社から、時代にマッチした特約・保険が出て来ることでしょう。

入ってしまえばいいというのではなく、一年ごとに見直しをするほうがよいです。

独身だからこそ、自分の年齢とライフスタイルを考えて、ぴったりの保険に入りましょう。